blog

居場所

立ち位置がわからず、どこへいていいのかわからなくなるときがある。

人を羨む気持ちはなぜかすさまじく醜いものと思ってしまって、そんなに思うことないのかもしれないけどその想いに支配されて自分で自分を苦しくさせるときがある。

認めてほしいとばかり願って、一番認めていないのは自分自身なのかもな。

それでもあなたは私をひと時も否定せず、どれだけ私があなたの前で自分を否定しても「そんなことないよ」と何度でも言う。

子供みたいだけど、その気持ちがいつもとても嬉しい。唯一私の存在を心から許してくれているように思える。

その想いに触れた時にやっと、自分を認めてあげないとと思うんだ。

人の想いからわかることがある。

.

.

┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎

Thank you for clicking ☽*

にほんブログ村 にほんブログ村へ
テキストのコピーはできません。